cyber-dragon’s blog〜言葉ファクトリー。

何気ない日常をコトバに載せて届けます(^-^)

水面下ではもうはじまってる、競争意識。

子供は。

日々成長してる。

毎日の暮らしから、いろんなことを学ぶ。

うまくいったり、失敗したり。

うまくいくことより、失敗のが多いくらい。

ケンカしたり、ケガしたり。

まあそんなもの。

思春期も、初潮も僕たちより早い。

だからこそ。

側で暖かく見守る。

ニンテンドーSwitchが欲しいといっていた。

鬼滅の刃がいいといっていた。

今は。

なんと。

塾にいきたいらしい。

親としては。

Switchやゲームよりはいいけど。

どうしようか?

悩みます。


まだまだゆっくりいきます。

新型ウイルス増税なんだろうね。

新型ウイルスの要。

ワクチンが届いた。

注射器の争奪戦。

シリンジに引き抜く時。

ロスがでる。

さらに。

劣化したワクチンは使えない。

さあ。

どうなるか?

 

新型ウイルスが落ち着いてくれば。

たぶん増税


世界のいわゆる。

消費税率はどのくらいなんだろ?


気になります。


まだまだゆっくりいきます。

行動力と変化を怖れないこと、取捨選択。

ばんは。

ペヤング焼きそば大盛り?を食べました。

Uチュウブで何かと話題のまるか食品

オリジナルしか食べたことないから。

チャレンジしてみた。

一平ちゃんやUFOよりも好きな味。

おいしくいただきました。

さて。

ちなみに。

先程のペヤングは僕にとってお昼ごはん。

帰宅してもう一度軽めに食べる。

それが。

僕にとってのディナー。

さて。

日々生活してるとルーティン化されていく。

いろんなことが、時間により機械的にこなされていく。

新型ウイルスの中。

息抜き気晴らし、脱力。

これをどうやるか?

ポイントな気がして。

手のひらサイズの端末から。

自由にアクセスできる今。

今何しますか?

って話。

極論だし。

それをトピックにまでしなくてもよいけど。

ヒトはナマケモノで。

手を抜きたがる。

だから。

変わることに臆病なもの。

でもさ。

よりよい生活やよりよい一度きりの人生にしたいとみんな思ってるはず。

で。

何がちがうか?

行動力なんだ。

自己啓発

セミナーや、本で。

気づいてもアクションしなければ無意味。

今自分にとって家族にとって。

愛しいヒトにとって。

価値あることに真摯に取り組む。

それだけ。

僕は20年前に。

読んだ本。

しかし。

変えれてない。

だからこそ。

もう一度。

中年で家族持ちになってから。

もう一度。

取り寄せ。

読みます。


7つの習慣

ティーブンコビー氏。


これは。

僕のこれからの生き方の基本になる。


新型ウイルスだからこそ。

自分の原理原則をしっかり組み直します。


手帳もほしいんだよね。


またいろいろやります。


さて。

爆弾いきます。

久しぶり。


僕は事実だけを。


推進でも。

反対でもない。


でも。

知らない人もいる。

知ってる人もいる。


精子バンク。

そんなのがあるらしい。


僕も。

あらためて。

ニュース系の片隅で見かけて。


頭から離れない。


精子を売る人がいる。

精子を買う人がいる。


何を思いますか?


まだまだゆっくりいきます。


6年着た冬用ジャケットと量り売り香水。

こんばんは。

新型ウイルスによる免疫獲得?のための注射。

いろいろ情報がでてきましたね。

筋肉注射。

いわゆる、筋注。

痛いやつ。

すぐにやるかやらないか?

それは別にして。

筋肉注射は痛い。

特に大人の筋肉注射は飛び上がるくらい痛い。

さて。

2020年の春節の時期からの新型ウイルス。

春節って言われても。

普通の人はピンとこない。

正月。

旧正月

新盆に旧盆。

まあ。

世の中には。

わからないことや知らないことがあるわけで。

それを知らずに生きていける場合もある。

ってことは。

知らないことで、世間知らずになることもあるわけで。

少し前に有名なカードゲームの初期のカードの落札額が話題になったけど。

知らない人には。

価値を見出せないものだ。

車でも、バックでも。

車なんて。

ただの鉄の塊の機械であって。

知らない人からしたら。

何が違うかなんてわからないもの。

ゴルフでもパソコンでもね。

少し前に書いた。

バカラのグラスにしても。

酒を嗜むならば。

なんでもいいわけで。

バカラのグラスでなくても成立する。

しかし。

雰囲気ってのも含めての。

飲食店であり。

コーヒーショップであり。

しかし。

春節ってのは。

もしかしたら、今後日本の国にとって知ってたほうがいいことになるかもしれない。

まあ。

Yahoo先生やGoogle先生に聴けばいいんだけどね。

まあ。

ブログを読んでる人が、調べたり実践するとは思えないんだけど。

結局。

Yahoo先生とGoogle先生に聴いて。

どう実践するか?

どう行動を変えるか?

ってことに集約される。

行動力があるのか? 

ってこと。

オリエンタルラジオ中田敦彦さん。

芸人としてはわからないけど。

中田敦彦さんのトピックをわかりやすく説明する動画は入門としては素晴らしい。

あとは。

それを掘り下げるのか?

どうか?

行動パターンを変えるか変えないか?

だけ。

春節は日本人が苦手な宗教的?側面がある。

うまく言葉がでないけど。

旧正月を信念としてお祝いし、仕切り直す国の人たちがいるってこと。

春節の休みは長い。

だからこそ。

バカンスのような感じになる。

バレンタインが過ぎてから。

マスクを買いに行って、みたいな。

バタバタした。

あれから1年。

初期の頃。

濃厚接触という語感でニヤニヤしていた中年。

僕はニュースやネットのトピックを見ながら。

レベルが低いなとヘドがでた。

粘膜接触って言う語感から。

オブラートに包まれてるなと。

何かの力で、粘膜接触って言う語感と濃厚接触って言う語感。

ニュースやネットでは。

粘膜接触では話題になりにくい。

でもさ。

デキ婚を授かり婚とすり替えるのと同じだったと思う。

初期の頃。

こんなオオゴトになるなんて。

一部の人しか理解できなかったはずだ。

僕はすぐに2、3年くらいな長期戦になるよと嫁さん子供には伝えた。

濃厚接触でニヤニヤしていた方々。

今どうしてるんだろう。


さて。

6年着た冬用ジャケット。

裁縫が劣化して裂けた。

暖かいジャケット。

探します。


先日。

ぶらぶらしていたら。

香水の量り売りがあった。


懐かしい。


一本買う勇気がなくて。


20ミリくらいで。

売ってもらって。


いろいろ試していた。


20年前。


懐かしい。


まだまだゆっくりいきます。



増えていく下書きとTスクエア。

煮我突。

2月です。

このところ、下書きばかり増えていく。

思いつきで書き始めるも、序破急にならず。

うまくまとまらない。

落語家や芸人じゃないから。

うまくまとめなくてもよいのだが。

読み手の気持ちを考えると。

まとまってないとモヤモヤしてしまう。

モヤモヤだから、また読もうとなるかもしれないけど。

なんとも。


最近思ったことなどを。

つらつら書きます。

僕の好きなフィッシャーズ。

シルクロードさん。

レコードを聴いてるみたい。

レコードプレーヤー欲しくなる。

オープンリール欲しくなる。

MDデッキ欲しくなる。

その一方で。

CDを使ってノンストップで曲をつなげる、DJセットなんかも欲しい。

CDを使ってノンストップでやれる。

クラブの出来上がり。

ドレスコードがない。

部屋でのパリピ遊び。

音楽で遊びたい。

そんな。

今。

Tスクエアの安藤さんが脱退する。

今聴いてもまだまだ新鮮。

それを僕たちの前の前の世代からやっていた人。

オシャレ。

JAZZよりももっとカジュアルな。

フュージョンバンド。

また。

学祭などのイベントのオープニングやエンディングでの定番でもある作品群。

JAZZをオシャレにしてポップにして。

それに。

伊東さんの。

リリコンがメロディーを奏でる。

いやー。

カッコいい。

渡辺貞夫さんがサックスのパイオニア

でも。

もっとオシャレなサックスに押し上げた伊東さん。

それを牽引した安藤さん。

ベースを有名にしたMIYABI。

バンドの花形。

ギター。

hide。

シンセサイザー喜多郎

そして。

小室哲哉浅倉大介さん。

ドラムのYOSHIKIさん。

新型ウイルスの中。

バンド、ユニットの模索。

ツインシンセ、ツインギター

リリコンが欲しい。

シンセサイザーも欲しい。

個人的にいろいろ音遊びしたい。


Tスクエア。

今聴いても、ライブ動画見ても。

とにかくカッコいい。


まだまだゆっくりいきます。

ちょっぴり違和感と、オリンピック。

こんばんは。

ちょっぴり違和感。

ん?

どうした?

何か変?

ウイングマンのポドリアルスペース?

みたいな感じ。

ブログを書いてる人が気にするアクセス。

何か見たことない数字。

10ぐらいが。

100手前になってる。

僕は少数精鋭部隊でいい。

広く浅くより深く狭くがいい。

なんか、恥ずかしい気持ちです。

コトバファクトリー。

自分の言葉で何か発信したい。

いや。

TRFの真似っこ。

TK Reve Factoryみたいな。

何にせよ。

奢ることなく生意気にならずに。

淡々と。

ブログをやっていくのみ。

数が伸びると、恥ずかしいという気持ちになるとわかりました。


さて。


昨日のこと。

ですが。

会社にて雑務をやる前に気分転換に。

軽い動画でも。

っていろいろ探す。

また後日話しますが。

僕はミスチルが大好き。

オリジナル。

ライブ版。

カバー版。

などなど。

男性のカバー。

女性がカバー。

まあいろいろある。

カバーといえば。

宇多田ヒカルさんが。

尾崎豊さんのカバーをした音源には。

鳥肌だった思い出がある。

1/fのゆらぎの声の宇多田ヒカルさん。

特徴ある耳に心地よい声帯の持ち主。

実はそれはあとから調べて知ったこと。

当時は。

今風な耳に心地よい歌を歌う人。

くらいにしか思わなかった。

尾崎豊さんのカバーで鳥肌だった。

まだ、成人にもなってなかったはず。

中森明菜さんや、薬師丸ひろ子さんも若い頃背伸びした歌があるけど。

実年齢と、歌の世界観のアンバランスのギャップがあったりする。

しかしながら。

宇多田ヒカルさんの場合は。

もっと人間臭くてドロドロした。

オトナの恋愛を経験したと感じさせる音だったように記憶してる。

今でもそう。

夜中にハンドル握っていて、ラジオから宇多田ヒカルさんの歌声聴くだけで心地よい。

耳が気持ちいいんだよね。

日本の女性てあれ。

外国の女性であれ。

耳に心地よい声。

耳障りな声。

ありますよね。

それは。

男性でもね。

脱線。

で。

久しぶりにミスチル流したくて。

いろいろ見てたら。

ミスチルHANABIの楽曲を英語でカバーしたものがあって再生。

なんか。

新しい発見があった。

桜井和寿さんの声。

世界観。

英語で表現する。

訳し方とかね。

英語って。

いろんな解釈できるウタたくさんあるでしょ?

なかなか。

書きにくいけど。

リアーナとドレイクがコラボした。

Workって曲。

セクシーな声。

衝撃的なビデオ画像。

それだけじゃなくて。

Workの意味が。

違うわけ。

仕事じゃないんだよね。

あとは。

いろいろ調べてみてください。

ミスチルの英語カバー。

何か。

歌詞を聴かないから。

作品とサウンドを聴いて、ちょっぴり感動でした。

日本人は、英語の曲を感情込めて歌うのは至難の技だよなぁとかね。

レットイットビーですら、ただ歌ってるだけになってしまう僕。

感情を乗せて英語のウタを歌う修行しなくちゃ。


さて。

オリンピック。

違う切り口で。

オリンピックは、政治的、経済的側面がある。

これは暗黙の了解でもある。

オリンピックでも、コンサートでもライブでも演劇でも。

文化祭でも体育祭でも。

ロールプレイングゲームでも。

オープニング。

そして、エンディングが重要なんだ。

生まれ変わった日本を、四季折々花鳥風月の日本を世界に向けてアピール発信するオリンピックのオープニング。

エンディング。

過去に鳥肌がたった。

オリンピックのオープニングがある。

その時から。

競技内容や金メダルの数や行方よりも。

オープニングとエンディングを1番楽しみにしてる僕。

本来なら。

去年、オリンピックがあったはず。

その時にやろうとしたオープニングとエンディングはどんな感じだったのか?

延期となり非常に難しい状況だけど。

もし可能なら。

どんなオープニングとエンディングなんだろうか?

もし自分が最前線でオリンピックのオープニングとエンディングをプロデュースできるなら、どうしよう?

どうやろう?

何を魅せよう。

悩ましいですよね。

世界に向けてアピールできるチャンス。

それが失われても。

中年が若手が。

何かを世界に向けてアピールしていかなくちゃ。

そんなこと思います。


まだまだゆっくりいきます。



新型ウイルスの今、情熱大陸で刀を研ぐ。

新型ウイルス。

新たな局面。

新型ウイルスにより、世界観や価値観。

物事の見方や、生活、生き方。

全てが根底からひっくり返った。

それにより。

ネットでの買い物も増えたであろう。

僕も、嫁さんも。

日々我慢。

毎日、小競り合いがある。

僕には定番のものがたくさんある。

それこそ。

ブリーフからおつまみやお菓子。

ラーメンやチャーハンの味付けまで。

手堅くいつものメニューなどになる。

しかし。

嫁さんはちょっぴりアドベンチャーが好き。

限定や、新作や新商品にチャレンジしたがる。

手堅い僕。

アドベンチャーの嫁さん。

まあ。

例えば。

イタリアンレストランにて。

定番カルボナーラマルゲリータピザ。

コーンスープにモンブランのケーキに、アイスコーヒーとなる。

しかし。

嫁さんから。

悪魔のささやきが。

限定だから。

食べてみよう。

ってなる。

ピザならハーフハーフにすればよいが。

パスタはそうはいかない。

だから。

単品でオーダーして。

味見となる。

しかし。

あれ?

ってなると。

結局。

ルージュべっちょりのフォークのまま。

僕の出番となる。

あれ?

はすぐにわかるから。

俺のやつ食べる?

って助け船をだす。

定番にしないから。

あかんねん。

みたいな。

毎日小競り合いはあります。

さて。

新型ウイルスの中。

今よりも飛躍するために何をするか?

グチばかりか?

何か仙人の領域まで自分を高めるのか?

いつかやりたいことをストックしていく。

それを楽しくストックしていく。

あのケーキいつか1ホールオーダーしたいとか。

あの寿司屋カウンターで食べたいとか。

まあなんでもいい。

僕はDVDも買っている。

それは。

恥ずかしい話。

1週間借りても見れずに返してしまうことがあるし、返却期限を忘れてしまうから。

図書館でもそう。

返却を忘れてしまう。

だからこそ自分で中古とかを買う。

買えば、いつでも読めるし見れるから。

新型ウイルスにより行動が自粛される中。

食べることは大事だと改めて気付く。

動画サイトで、簡単レシピから。

マニアックなレシピまで。

解説してくれる動画がある。

見れば見るほど。

やってみたくなる。

富裕層であれば。

出張でシェフやコックを自宅に呼び寄せて料理を作ってもらうのだろう。

僕の実家は。

外食をすることが特別なことだった。

だから。

母ちゃんの味しか知らなかった。

また、魚と野菜中心だから。

お肉料理もよくわからなかった。

今は、動画サイトでレシピもテクニックも隠し味から隠し包丁まで大胆に公開されてる。

懐かしい。

料理の鉄人

キッチンスタジアム。

そして。

ビストロSMAP

そして。

情熱大陸

それを何回も繰り返し再生できる。

それも、無料で。

もちろん。

料理でも。

栄養価でも。

音楽でも。

理屈を学ぶことも大事。

でもね。

やっぱり。

うまいものが食べたい。

うまいものを作りたい。

その熱意が理屈を超えるはず。

堀江貴文さんの卒業スピーチ。

海外の著名人のスピーチ。

そこから何が掴み取り、さらなる高みに。

いく。

動画サイト。

過去のオールナイトニッポンや。

タモリさんの空耳アワー

バイきんぐや。

サンドイッチマンの爆笑コントやネタ。

笑いって大事だと思う。

寝る前に爆笑コントを見て寝ると熟睡できる。

オリンピックは難しい気配。

しかし。

日本料理?

というジャンルでよいかわからないけど。

新型ウイルスが少し落ち着いたら。

鉄板焼きを食べにいきたい。

シェフの技。

見ながら、食べたい。


まだまだ。

自分を磨かなくちゃ。


まだまだゆっくりいきます。